お店のアピールに最適な木製アンティークの看板

お店のアピールに最適な木製アンティークの看板

私は海外で文房具屋をやっているのですが、お店の中はオリジナルの文房具屋や気に入った物だけをセレクトして置いています。

 

店のある場所はとても人通りも多く雰囲気は良いのですが、今は看板が無いために何のお店なのかが通っている外国人の方には分かりづらいのでお店の外に看板をつけようと思っています。ただ看板といっても簡単で安易なものでなく、商品と同じくこだわったものを取り付けたいと考えていました。私たちは文房具を取り扱っているので、見る人に温かみのある看板がいいなと思い、木製のアンティークを考えているところです。

 

木製のアンティーク看板は見るひとに優しい印象を与えますし、私たちの扱っている文房具も自分たちの好きなものばかりを集めたセレクトショップなので雰囲気も損なう事がありません。またインパクトもあるので通る人が一目で何のお店なのかを理解してくれやすいかと思います。最近は若い人だけでなく、幅広い年代からも木製アンティークの看板は注目されていて、やはり自分の店にはこだわったものを看板に据えたいと思う人が増えていると思いますし、木のぬくもりやアンティークで良い雰囲気が演出できるので選ばれやすいのではないかと思います。そんな木製アンティークの看板ですが、いざ作ろうと思ってみても、どこでどのようにして作ったらいいのか全く知識がなかったのでネット調べてみたところ、木製アンティークをハンドメイド作ってくれる業者さんなどがいくつかありました。

 

看板の作り方はだいたい他の看板と同じような流れ。まず最初に看板のサイズを決め、看板のベースカラーを決め、また文字のペイントカラーや書体を選んでいきます。決まった仕様をもとに業者さんが完成のラフ案を上げてくれるので、それを見て出来上がりが自分のイメージと違っていないかを確認。修正があれば手直しを依頼。OKになったら正式に発注となります。価格は仕様によっていろいろですが、簡単なものであればだいたい3,000円くらいから。出来上がりにかかる納期もケースによってまちまちですがオーダーメイドのために繁忙期かどうかによっても納期が変動するので、イメージが決まったらできるだけ早めに相談をして進めておかれるのが良いかと思います。看板はいわばお店の顔のようなもの。看板がお店のイメージを決めてしまうといっても過言ではありません。

 

木製アンティークの看板、それもハンドメイドであれば世界にひとつだけの、素敵な看板が作れることでしょう。看板を作ろうと考えられている方は参考にされてみてはいかがでしょうか。